あじじ in WEB!!

Blog

夢を見た

またしてもアレな夢を見た。
西村知美がつけているという夢日記よろしく、記しておこうじゃないか。
舞台は、たぶん現在。
カルト教団の教祖が東京を粉々にするために、ある場所になんとか爆弾っていうのを仕掛けた。
何万人も集めた集会の舞台で、そのことを発表している。
信者でもない俺が、その集会に出席できたのは、たぶん夢のせいだろう。
教祖の話が終わり、誰もいなくなったステージの後ろの壁が、左右に開き始めた。
その様子をボーっと見ていると、割れた壁から見える屋外の、その100メートル向こう側で火柱があがった。
「え?」と思ったのもつかの間、その数秒後に今度は90メートル向こうで爆発がおこる。
その火柱は10メートルくらいを一歩にして、その一歩の時間の間隔を徐々に狭めて襲いかかってくる。
ちょうど端の列にいた俺は、横にある木の引き戸をシュワっと開けて、転がるように外に出た。
それと同時に、今までいた引き戸のあちら側で爆発の音が聞こえる。
「なんてことだ!これであの教団の企みを知るものは俺ひとりになったじゃないか!ええい、ままよ!」
的なことを言って、俺は脱兎のごとく走り出した。
喫茶店に入った。
そこで、ランチを楽しむ友達を発見。
周りに教団のやつらがいるかもしれないので、細心の注意をはらって友達を東京から離れさせなければならない。
東京にとどまるようならば、難癖をつけて遠くに行かせようと思い
「お。これからどこいくの?」
と普段通りを装い予定を聞いた。
そしたらこのあとは鎌倉に行くとのこと。
「あ、そう。」
ってな具合に、なにもせずに解決。
急がねば。
爆発の時間は刻一刻と近づいている。
あの公園のほこらに設置してあるという情報をどこかから手に入れた俺は、公園へと向かった。
その途中、とても大切な人が何食わぬ顔で歩いている。
俺は呼び止めてなんでもない話をし、最後に
「もう会えないかもしれないけど、元気でな。」
と言ってその人をギュッと抱きしめた。
公園のほこらに着くと、見慣れない機械が置いてある。
青く光る機械の液晶には、不可解な図形がいくつか映し出されている。
きっとこれが爆弾だろう。そして、この図形はクイズだ。
ビビッときた。
このクイズは4問あって、全問正解すると爆弾の時限装置が止まる。
そして、1問でも間違えると、その場で爆発してしまうんだ。
ビビッとここまでわかってしまうのは、夢のせいに違いない。
液晶の下についている矢印のボタンで全部のクイズを確認できた。
ひとつひとつじっくりと見た。
全てのクイズが、わからない。
俺はあきらめて帰ることにした。
最寄の駅を降りて坂道を上っていると、スクーターに乗った死んだはずの友達と会った。
何も話さない彼は、俺に一枚の紙を手渡して走り去っていく。
手渡された紙には、さっきの問題が書かれている!
そしてその問題の下に、答えも書かれている!
「なんと!」
俺は、その紙をじっと見つめて考えた。
「もう家の近くまで来ちゃったしな。」
家に着き、テレビをつけると、東京の様子が映し出されていた。
横になってその様子をリモコンをカチャカチャしながら見ているとき、玄関のドアが開く音がした。
入ってきたのは、先ほど道で会ってギュッと抱きしめた人だ。
「ただいま。」
というその人に、俺は「おかえり。」を言う。
そろそろ爆発の時間になる。
声に出さずにカウントダウンをして、ゼロになったときにテレビが切り替わり、先のカルト教団の教祖が映し出された。
教祖は何かを言っていたが、どうやら爆発はしなかったようだった。
めでたしめでたし。
結局俺はなにもしていない。

ワールド

何も考えずに、数週間過ごした。
だからといって、いつも何かを考えているわけでもないんだがな。
とにかく、おもしろおかしく、建設より浪費を重ねて、気がつけば8月が終わりますね。
いろんなことがあった。
海の家でライブもしたし、あの人の誕生日があったり、かの人の誕生会にお邪魔したり、バーベキューしたり、ライブに行ってソワソワしたり、長瀬智也を好きになったり、加藤あいに恋したり、中野に行ったり、電車間違えたり。
夏っていうのはこういうことでしょ?
でもやはり夏はだめだ。
暑くてしょうがない。
9月になれば、蝉の声の勢力は弱まり、鈴虫やギッチョンギッチョンいう虫の声が幅をきかす。
まだまだ暑い日が続くのは経験則で熟知しておりますが、この坂道もそろそろピークでっていうスピッツの歌にもあるように、あとは暑さが和らぐのを薄笑いで待ちますよ。
たのむ。
メッセージをくれた君。
どうもありがとう。
『東京ラブストーリー』のどっちかが、学校になんか書いただか刻み込んだだかを思い出して二人で見に行くソレのように、ひっそりとではありやんすが、たしかにあります。
ワールドと言ってくれたのはうれしかったぜ。
ワールドってちょっと時間を止めるスタンドでしたか?
漫画好きの友達と漫画家の彼が、俺をそっちのけにジョジョの話を一巻から順番にし始めて、1時から飲み始めた庄屋の3時には第五巻だったね。
全部で何巻あるかは知らないけど、俺は頭にきて、ありったけのお金をたたきつけてお店を出たんだよ。
つっても2千円くらいだったけど。
「ちくしょう、ちくしょう」って言って、40分歩いて家に帰った。
途中で死守した小銭を使ってコーラを買い、座って飲んだときに、ワールドをちょっと使ったよ。
まあ、みんなは時間が9秒止まったことは知らないだろうし、俺がしたことは、コーラを一口のどに流し込むことだけだったから。
つってね。
夏は暑いから夏。
んなこたあ知ってる。
ちょっと覚悟を決めて宣言しておいて、飲み込まれてるんじゃないわよ。
9月19日に日吉でライブをするから、みんないらっしゃい!
クイックで覚えてくれるといいわ。
ファイ、オー!

金棒

君は遠くから見ても君に見えるよ。
と、中学から言われてきました。
首が長く、肩幅が狭く、なで肩で、痩せ型。
関節の動きはぎこちなく、挙動は不審だ。
きっとこういったことを言っているのだろう。
オリジナリティだと言ってくれると嬉しいんだけどね。
それはそうと、俺はある種の決意を先日した。
酔ったいきおいでそのことを友達にも言った。
電話口で友達は協力してくれると約束してくれて、一人で飲んでいるのにろれつが回らなくなるという俺の相槌を、やさしくイエスで返してくれる彼には頭が上がらない。
来年のことを言うと、鬼が豆腐の角に頭をぶつけるんだっけ?
俺でさえもちょいと信じ難いけど、自分に課した約束をひとつひとつクリアしていけば、自分を信じることができるようになると思うんよ。
だめだったら笑ってくださいね。
散々言われてきたことなのですが、先日のライブで「あじじのレコードを出せ!」と叱咤された瞬間から、SLの蒸気がシュッコシュッコと回転を始めました。
10月の後半から11月の前半に、レコードを出すようにまずは動き始めまっせっせ!
夏は暑いからな!
誰も知らないような、そんなレコードでもいいんです。
今回は俺に約束をしましたんで、そうします。
取り急ぎ報告まで。

幽霊のみなさん

知らないことは罪でもなく愚でもないでしょ?
僕は君を知らないし、君は僕を知らない的なおにゃん子世代が脱皮を図って髪の毛をデップで固めて言い放つような、そんな言葉はキムタクとかトヨエツにお願いすればいい。
そのふたりを一緒にしてしまうのはいやだけどね。
バーボンというギタリストのライブにお邪魔しました。
【ticktuck】ってバンドのギタリスト。
音楽に造詣の深い彼の曲にまつわる四方山話に舌鼓を打ち、譜面台で手元が見れなかった分、音楽を聴くことに集中できて、彼の奏でるギターが俺のギターとは皆目別物で、オーケストラを切望し渇望する6弦で「こんなに弾けたら楽しいだろうな。」と思わせるプレイ。
彼のお母さんからビーフジャーキーとビールをご馳走になり、演奏後の彼とギター職人達とのギター談義を遠巻きに聞いて、ミュージシャンとはここまで音楽に飢えていなければならないのかと驚愕しました。
いやはや。
お盆ということで、奮発してヱビスビール。
マイルドセブンライトを線香にして、最後に見る空はどんな空なのか、思った。
ジョーが力石の亡霊に取り憑かれてテンプルを打つことができなくなったようだが、亡霊がいるならば、そいつと発泡酒を片手にそっちの話を聞くのもいいかもしれないなってね。
幽霊も亡霊も元は人間。
遊びたいし、楽しみたい。
死んで誰かを呪うより、とにもかくにも遊ぼうぜ。
それって、ウィンウィンの関係ってやつじゃね?

Archives
2016年2月 (1)
2015年6月 (11)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (3)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (4)
2013年7月 (18)
2013年6月 (4)
2013年5月 (7)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (8)
2012年9月 (7)
2012年8月 (12)
2012年7月 (5)
2012年6月 (5)
2012年5月 (5)
2012年4月 (8)
2012年3月 (23)
2012年2月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (4)
2011年11月 (4)
2011年10月 (6)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (14)
2011年3月 (3)
2011年2月 (11)
2011年1月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (11)
2010年10月 (13)
2010年9月 (6)
2010年8月 (8)
2010年7月 (6)
2010年6月 (15)
2010年5月 (15)
2010年4月 (19)
2010年3月 (31)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (8)
2009年9月 (15)