あじじ in WEB!!

Blog

ジレ&ンマ

こんばんわ。
シルバーウィークってなんだか、いいですね。
ゴールデンウィークのようなガツガツした感じもなくて、なにより、この気温がいい。
ちょっと寒くなってきただろうけど、相変わらずのTシャツで「夏をあきらめないぞ!」なんて言ってね。
ところで。
先日のライブを目撃してくれたみなさん。
本当にありがとうございました。
確かな疎外感と連帯感が絶妙に絡み合って、とにかく面白かった。
僕は君が好きだが、君は僕を嫌い。
そんなジレンマなんてジレ&ンマに分けちゃって、ジレは企業戦士として外で働き、ンマは家を守る。
ジレの帰りが遅い日は、ンマの作ったおろしハンバーグにラップをかけて、おろしの部分がべチャってなってしまって、メモ帳には「仕事もいいけど私ももう少しだけ見てください。」なんて書いてある。
夏のある日、ジレは会社の同僚とお酒を飲んで遅くなってしまった。
家に着き、キッチンを通り過ぎると、食卓にはジレが大好物のおろしハンバーグ。
そのハンバーグにはラップがかかり、おろしがベチャってなっているのはいつものこと。
いつもと違うのはその先だった。
食卓を通り過ぎる時に感じた違和感。
空気が違うのだ。
凍りついたような空気は、人の気配をまったく感じさせなかった。
ジレの背中にはじっとりとした汗が浮かび、寝室へと向かった。
いつもなら、寝室のドアを開けると、それが何時だとしても、眠っているンマが目を細めて起き上がる。
しかし、寝室の空気も人の気配は物語らない。
家中のドアを開け、クローゼットを開けた。
ンマは、いなかった。
ジレはキッチンへ戻り、ンマがいたという証拠のおろしハンバーグを見た。
たしかに、ンマはいたのだ。
おろしハンバーグの横にある、いつものメモには
何書いてんの?俺。
ライブの話でしょ?
すげえ楽しかったし、ライブハウスのPAさんにはシバタキョウヘイの物まねも披露できたし、マスターには申し訳ないことをした。
なかなか激動で、なんだか楽しかったな。
サンキュー!
次回は【月がきれい】でのステージ。
『響きタイムス vol.1』
2010/10/08(金) @ 代官山LOOP
18:00 OPEN / 18:30 START
★月がきれいの出番は2番目で19:00頃からです。
チケット:2,000円(1D別)
出演:なごみアンテナ / The Kota Oe Trio / リスのベリー / 月がきれい
だぜ!
あのマークンの料理が出たりするから、まじやべえんす。
そして、
『ヒトミリリィ ヒトミの誕生会』
10月13日(水) @ 渋谷ルイードK2
18:00 OPEN / 18:30 START
★月がきれいの出番は2番目で19:30頃からです。
チケット:前売り2300円 / 当日2800円(共に1D別)
です!
これも、あのヒトミさんの誕生会っつうんだから、やべえよ。
渋谷中のろうそく、全部持って来い!!
んで、
10月10日
『べるがオータムフェスティバル』
これは、俺。
山梨のすげえうまい水を飲んだり、魚釣ったり、ビール飲んだり。
とにかくピクニックなんです。
大人の休日に、山梨にいらっしゃい!!
以上!
タノムゼ!!

no-title

結局、グータンヌーボっていつやってるんだろうか。

枯れた木に水をやる

ベビちゃん!
やっと涼しくなって、いい気持ち。
なにしてます?
先日、事情があって横浜の野毛山に登ったんです。
見た目も登った感じも、キツイんす。
途中で横浜市の図書館があったから、涼みに行こうってんで、入ったんです。
すごいのね。
外観もすばらしく、入ったら涼しく。
平日だというのに、みんな黙々と本を読んでたよ。
現在『池袋ウエストゲートパーク』に遅ればせながらメチャクチャにはまっておりますんで。
石田イラの物語の外伝的なハードカバーがあったので、すげえ読んだ。
読むのが遅い俺だから、全部読むためには歯ブラシ等を持参しなくてはいけないので、途中まで読んだんだけどね。
んで、まだ山の途中なので、テッペン取ったる!ってブツブツ言いながらさらに標高の高い場所へと向かいました。
看板に『野毛山動物園』と書いてあって、ムヒョーってなったので、ステップ部分の広い階段に疲れながら速度アップを試みました。
ふた組のカップルがいるなか、一人で闊歩。
山のテッペンらしいところ?なのでしょうか。公園のようなところに出たけど、動物園らしい場所はない。
かつがれた!
と思ったけど、『野毛山動物園』の看板があった。
ちょうど今の山を来た道の逆の道から降りていく。
降りる途中で、車道を発見した。その車道はさらに上へ向かって行く。
俺がテッペンだと思っていたところは、まだまだひよっ子の山だったということに気づく。
その道路のちょっと上の方の向こう側に、ヤギらしい白い動物がいました。
「あそこか。」
と確信したんだけど、
「もういいや。」
ってなって、動物園も途中で下山しました。
全部を途中で終わらせた野毛山よ。
つまらない話を長く書いちゃった。
ライブの告知をそろそろしないと、ライブの告知をするころにライブが終わってるってなことになっちまう。
————–
日時:9月19日(日)
場所:日吉Nap
open 18:00
start 18:30
¥1.200(D別)
————–
来てちょ。
途中までと言わずに、到着してください。
さっき新しく歌を作ったから、練習して歌うから!
できたのがうれしいから、忘れないようにここに書いちゃう!
それでは聞いてください。
10時半にできた曲
『枯れた木に水をやる』
目を閉じたのは夜
目を覚ましたら朝
きっと僕は本当の夜を知らないまま死ぬんだろう
青 黄色 赤のように
合図もなく枯れた木の涙 声 夢 希望
知らないのは誰だろう
戻らないのか
もう遅いのか
ああ
それでも それでも 水をやる
したたる涙も飲みなさい
来る日も 来る日も 水をやる
枯れた木は枯れたのか
誰に言われたのか
誰が脅したのか
気がつけばウソだらけでカラカラに乾いてた
枯れた木は日暮れに
大きな影を落とす
その影を支えるのはカラカラの土でした
怯えてるのか
聞こえないのか
ああ
何度も 何度も 水をやる
飛び散るつばきも飲みなさい
来る日も 来る日も 水をやる
枯れた木は枯れたのか
遅いのも戻らないのも
うすうす気づいているでしょう
それでもそれでも水をやる
枯れた木に水をやる
チャオ!

イエス

イメージはある。
今ならいけそうな気がする。

Archives
2016年2月 (1)
2015年6月 (11)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (3)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (4)
2013年7月 (18)
2013年6月 (4)
2013年5月 (7)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (8)
2012年9月 (7)
2012年8月 (12)
2012年7月 (5)
2012年6月 (5)
2012年5月 (5)
2012年4月 (8)
2012年3月 (23)
2012年2月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (4)
2011年11月 (4)
2011年10月 (6)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (14)
2011年3月 (3)
2011年2月 (11)
2011年1月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (11)
2010年10月 (13)
2010年9月 (6)
2010年8月 (8)
2010年7月 (6)
2010年6月 (15)
2010年5月 (15)
2010年4月 (19)
2010年3月 (31)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (8)
2009年9月 (15)