あじじ in WEB!!

Blog

君のロックは音だけでかい

やいのやいのブギ!

エブリワン、一週間はどうだった?

もぬけの殻は、中身が空っぽだから空だと思ったら、殻なのね。

まだまだ知らないことが多い。

この文章を読む君の生まれた場所さえも知らないのだからしょうがない。

さて、イベント【君のロックは音だけでかい】にご来場いただきましたみなさま。

本当にありがとうございます。

自他共に認める最高の夜。

ベストナイト。

シェイシェイ。

感謝!!

すごかったなあ。

語弊や誤解を恐れずに言おう。

ライブハウスでいろんなアーティストと対バンとして競演します。

その中でも、いろいろなタイプのアーティストがいて、男だったり女だったり、大人数だったり少人数だったり。

そういった箱の部分は実際どうでもいいんです。

俺がどう思うか。

すげええええ。

と、口をあんぐりしてしまうアーティスト。

う~~ん。

と、トイレに立ちたくなるアーティスト。

俺がどっちに思われているというのを棚にあげまして、俺がどう思うか。

『すげええええええ。』っていうアーティストは、正直希少です。(俺にとってはですよ。)

イベントをやるなら、その『すげええええええ。』って人たちだけでやりたいな。

ってのが、今回のイベントの趣旨。

簡単に言えば、いろんなライブハウスに行かなくても、一箇所で『すげえええええええ。』が聴けるってことよ。

出演者の簡単な感想を主な出演順で紹介していこう。

【出演者】

・福田詩朗

彼は例えるならば奥行きである。

うつむきながら歌い、顔をしわくちゃにして笑う。

愛さずにはいられないヒューマニズムを毛穴という毛穴から吹き出している。

観ればわかりますよ。

・Twichem

彼らは例えるなら高さである。

音楽への直向きな感情と、ボーカル高近のエーテルの中の声。

誰もが驚愕とするアンサンブルが空気を伝い鼓膜を震わす。

観ればわかりますよ。

・はしぐちかずひろ

彼は例えるなら幅である。

強情なほど曲げない信念と、飽くことのないポップスへの探究心。

メロディは自然とシナプスをつなぎ、ふとした刺激で口をつく。

観ればわかりますよ。

・あじじ

俺は例えるなら、なんだ?

三人で立方体は出来上がったので、その空間であお向けに寝っころがっているのが俺だ。

カーテンは開けておいてくれよ。

実に心地いい。

それにしても、とてもラッキーでハッピーな海の日をおくることができた。

気付けばその日はお母さんの誕生日でもあった。

海の日は母の日になり、母なる海は俺たちを生んだのであったった。

あじじのセットリスト

1ステージ

・青の時間

・ウインク

・アイスを買いに行こう

・目の前では言えないけど

2ステージ

・僕と犬

・オートミール

・ひとりふたり

・とげのある花

でした。

【目の前では言えないけど】の最後の最後の一音を間違えてしまったのは、本当に何も言えねえ
(ロンドンがんばれ!)。

そして、こんなことをみんなで考えた。

素敵な感想を多数いただいたこともあり、もっと俺たちは仲良くなるべきだという思いもあり。

【君のロックは音だけでかい】ボリウム2

をやることにしました!!

いつやるかとかは決まってないけど、またやろうぜってみんなで約束したので、やることにしました(純粋)!!

夏はもう暑いので、年が明けたころにどうだろうかと考えています。

詳細が決まり次第、発表しますので、ぜひとも遊びに来てくださいね。

ヨシロク!!

8月の【月がきれい】公演がゾクゾクと決まっております。

これもぜひぜひ!ぜひ!!

それではまた会いましょう。

ちゃお。

マイウェイ フフフフン

窓の外では雨が降ってるのか、オアノット。

俺のTシャツは湿気を含んで、首のところがデロンとなっているよ。

これじゃチューブの人たちに笑われてしまう。

ここ数日、数週間、とても楽しいこと多数。

喜怒哀楽は天秤のように揺れ動くという哲学もあり、もちろん寂しいことも多々ありました。

みなさんに応援していただいた【サマソニ総選挙】。

ファーストステージは、みなさんのおかげで無事通過する事ができました。

ありがとうございます!!!

今日のお昼にセカンドステージ進出者が発表されました。

ゆっくりと画面をスクロールさせて見たのですが、【月がきれい】の写真はありませんでした。

応援してくれたみなさん、すみません。

サマソニのステージで、千昌夫のモノマネをする予定だったのですが、それも今年はかなうことはありませんでした。

しかし、発表までの自信はどこから来ていたのだろうか?

聞こえは悪いかもしれないですが、当然行くものだと思っていました。

あれまあ。

雨が強くなってきました。

俺が悪口を言いそうになるのをなだめているかのようで。へえ。

さて、いいこともありましたが、アルコールが断片以外を洗い流してしまって、すごく残念。

本当に残念でならぬ。

それじゃあ、夏を迎えに行きましょうよ。

今週末の向こう側、海の日のイベントが、ついに今週末の向こう側まで近づいてきましたよ!!

夏はダイエットだの、ナンパだので忙しくなる殿方と姫君。

春の思い出をお重に入れて、ピクニックにでも出かけましょう。

フランクなスタンスのイベントを、俺と君とあなたに。

★☆
★☆
★☆
★☆
★☆
★☆ ★ 

あじじプレゼンツ
【君のロックは音だけでかい】

日時:7月16日(海の日)
会場:渋谷七面鳥
http://www.7mentyo.com/

開場:六時
開演;六時半
料金;二千円

出演:福田詩朗 / はしぐちかずひろ / 高近政義(Twichem) / あじじ

★☆
★☆
★☆
★☆
★☆
★☆ ★

大人のフランクをシナトラをフル回転させて、「開いてる?」と言えるだけの暖簾をご用意してお待ちしております。

何度も言うようで申し訳ないですが、出演者がおもしろいんだから。

大学の新人歓迎コンパとかで「どんな音楽聴いてる?」って言った人も言われた人も、とにかく納得のビックリ感をお届けできと予感しております。

あ、行けるよ!って人はぜひともスケジュールページからちょろっとお知らせください。

あ、行けないよ!って人は、メールフォームより行けない旨をお伝えください。

とにもかくにも、君を待つ。

たらりら

たらりら~

か~ぜに~ふかれて~

しらな~い~ま~~ち~を~

あるい~て~み~た~い~

松田聖子から遠くへ行きたいへ変わってしまった。

ちなみに、wikipediaで調べたところ、【遠くへ行きたい】はディークエイセスに始まり、古谷一行や石川さゆり、元ちとせにチャゲまで歌っている。

松田聖子はチュルリラか。

そこから違うんだね。

いや、昨日の催眠術の話から何かが違っているようだぞ。

ヒッスファンズ

今日、馬車道のディスクユニオンで【宇宙 日本 世田谷】というフィッシュマンズのCDを手に入れた。

表示価格よりさらに30パーセントもオフしてくれて、穴場の美術館の入場料と変わらない料金で購入する事ができた。

それもこれも、沖縄に行くたびにに泡盛を買ってきてくれることを願う、メガネ界の魏志倭人伝ことハヤト(from クーツェ)と、月がきれいの相方、みーたさんのせいだ。

彼ら、あるいは彼女らは、フィッシュマンズの話をするときに焦点が合っていない。

お互いに同じ議題を話し合っているようで、まるで違う場所を見ているかのようだ。

宮部みゆきの【魔術はささやく】だったか【なんとかセブン】だったか、催眠術を取り上げた小説があった。

最後に悪い事をしたやつが、自己催眠的なスタンスでビルの窓をやぶってジャンプするような記憶があるのだが、それはあやふや中のあやふやだ。

しかし、テレビの受け売りだが、催眠術で自分をあやめることはできないらしい。

自己の本能が催眠術に勝つので、そんなことはさせないと立ちはだかるとのこと。

後ろで催眠術をかけているN氏(星☆新一から引用)が、オロオロと時計を気にしだすころ、催眠にかかったはずのF氏(☆)がニヤリと笑い、入場料の返却を求める。

その後、取っ組み合いの末、言った言わないの議論に発展し、N氏がF氏を力ずくであやめてしまう。

N氏自身に自己催眠をかけていたのでトントンであることを主張するも、現場に残されていたのはN氏の指紋、その他がびっちりとあることと目撃者が一人もいないことが決定打になる。

あたかも全盛期の四番打者のような決定打に、いささか場違いであることに照れ笑いをし、はたして、入場料をいただいていないことに気付き、そもそもそんなシステムではなかった。

こんなことなら入場料をいただいておけばよかったと悔やんでいると、F氏が立ち上がりお豆腐を買いに行くと告げてこの場を去った。

N氏は「入場料・・・」と言いかけたが、やめた。

そもそもそんなシステムなんてないのだから。

という無駄話はいいのだ。

まるで催眠にかかったように話す彼らのマインドコントロールを探求すべく、手に取りました。

ケースが無いというシールが貼ってあったけど、それは音楽に関係ないもんね。

パソコンのベロの上に乗せて、iTunesが曲目を自動で表示してくれる。

便利になったね。

!!

8分の曲と12分の曲が・・・。

催眠術のくだりを書いているときには【Walking in the Rhythm】という12分の曲でしたので、そんな感じになったのでしょう。

あのまなざしに少し触れる事ができたのかもしれん。

たぶん、怒られると思う。

イベントのことは忘れないで!

2週間をアッという間に切っています。

ぜひとも遊びに来てください。音楽を聴く人ならば、琴線に触れることでしょう。

だってそういうイベントにしたんだから。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

7月16日(海の日!)
渋谷七面鳥
『君のロックは音だけでかい』
開場:18時

開演:18時半

出演:高近政義(or Twichem) / 福田詩朗 / はしぐちかずひろ / あじじ
※出演順番は、厳正なる審査のうえ当日発表します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ぜひとも!!

Archives
2016年2月 (1)
2015年6月 (11)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (3)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (4)
2013年7月 (18)
2013年6月 (4)
2013年5月 (7)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (8)
2012年9月 (7)
2012年8月 (12)
2012年7月 (5)
2012年6月 (5)
2012年5月 (5)
2012年4月 (8)
2012年3月 (23)
2012年2月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (4)
2011年11月 (4)
2011年10月 (6)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (14)
2011年3月 (3)
2011年2月 (11)
2011年1月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (11)
2010年10月 (13)
2010年9月 (6)
2010年8月 (8)
2010年7月 (6)
2010年6月 (15)
2010年5月 (15)
2010年4月 (19)
2010年3月 (31)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (8)
2009年9月 (15)