あじじ in WEB!!

Blog

好きです好きです心から

先日のライブのMCでもちょいとお話したんですが。
高校から大学にかけて、長渕剛のファンだったんです。
長渕剛ファンの人が聞いたら反論が出るかも知れないけど、それはちょっとぐっと抑えてくださいね。

小さいころ『家族ゲーム』っていうテレビドラマが大好きで、痛快な家庭教師役を演じる長渕に好感を持っていました。
次第にアルバイトをして自分でCDを買うことができるようになって、長渕の『時代は僕らに雨を降らせている』を購入。
彼の曲をよく知らないでジャケ買いをしたんだけど、素晴らしい楽曲と歌心で、一発でドキューンですよ。
そのあとも彼のCDを買っては、スヌーピーがメインキャラクターを務めるステレオで夜な夜な聴いていたんだよね。
『二人歩記』とか『祈り』とか、切々と歌い上げる男女のドラマはめくるめくでありまして、そのドラマに登場する男はどことなく情けなくて、そして愛すべき浅ましさで描かれていて、すぐそこにあるドラマのように胸に届いてきたんだよ。

そして久々にドラマに主演するということで、ワクワクして初回放送日にテレビの前を占領したのが『とんぼ』。
ここらへんから頭の中に『?』が出てきて、それが日を経ち年月を経て、増大する一方なのはわかってくれるだろうか?

この前ミュージックラバーで彼が『巡恋歌』を歌って、叫んでいたけど、俺の中の『巡恋歌』は、ぐちゅぐちゅとした半乾きのかさぶたのようであって、決して叫んだりなんかしない。
これは成長なのかしら?
もう一度、情けないほどの男の女々しさを、あの泣きそうな声で歌ってくれないかな。

ローソンのチケット販売のポスターに移る長渕剛は、飼い犬と思われる犬と一緒に微笑んでいる。

いや、微笑んでいるのは長渕だけかな?

白い犬は凛とお座りをしている。
ものすごく緊張しているようにも見える。
まるで雲の上のような存在の親分に呼び出されて、大役を務めるかのごとく。

ところで、なぜ、犬なんだろう?

Archives
2016年2月 (1)
2015年6月 (11)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (3)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (4)
2013年7月 (18)
2013年6月 (4)
2013年5月 (7)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (8)
2012年9月 (7)
2012年8月 (12)
2012年7月 (5)
2012年6月 (5)
2012年5月 (5)
2012年4月 (8)
2012年3月 (23)
2012年2月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (4)
2011年11月 (4)
2011年10月 (6)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (14)
2011年3月 (3)
2011年2月 (11)
2011年1月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (11)
2010年10月 (13)
2010年9月 (6)
2010年8月 (8)
2010年7月 (6)
2010年6月 (15)
2010年5月 (15)
2010年4月 (19)
2010年3月 (31)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (8)
2009年9月 (15)