あじじ in WEB!!

Blog

ガハハと笑う

いやあ。
お笑い芸人っていうのは、本当に面白いんだね。

やっぱり、少し登ったところで行われるエンターテインメントは、人を感動させる。
それが笑いだったり、怒りだったりと様々なベクトルを示すことがあるけど、どちらにしても人の心にしっかりと入り込んだ証だと思うんだよ。
浮き沈みが激しいお笑い芸人の世界で、やっぱり少し登ったところにエンターテインメントがある人たちが長く愛されているんじゃないかしら?
薄っぺらなパターン化されたものじゃなくて。

とか言っちゃったけど、何かって言うと、今日のよゐことタカアンドトシのテレビがすげえ面白かった。
笑った、笑った。
ガハハと。

俺の中でのMVPは、よゐこの濱口。
あの人は、すごい。

いままで、よゐこは意味がないことをシュールと名づけてネタをやっているだけだと思ってたんだけど、あのポテンシャルはすごかった。
あの人の頭の中には、俺が意味のないことだと思っていることにも、ちゃんと意味があるんだろうと感じた。
赤ちゃんのときは大人には見えないものが見えていると、童話作家がこぞって書きたがるようなことを引用すると、多分彼はそれが見えているんではなかろか。
そしてその見えてるものが、同じようにみんなも見えていると思って生活してるんじゃなかろか。
演技かどうかはわからないけど、それほどにまで、無垢でレッドゾーンに振り切った状態だった。

とかなんとか、構成作家が全部考えているっていうような無粋を言わずに、それをしっかりと笑いに変えてくれた濱口さんに感謝。
あれだけの男だから、やっぱり千葉の星人も惚れるのは無理もない。

Archives
2016年2月 (1)
2015年6月 (11)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (3)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (4)
2013年7月 (18)
2013年6月 (4)
2013年5月 (7)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (8)
2012年9月 (7)
2012年8月 (12)
2012年7月 (5)
2012年6月 (5)
2012年5月 (5)
2012年4月 (8)
2012年3月 (23)
2012年2月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (4)
2011年11月 (4)
2011年10月 (6)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (14)
2011年3月 (3)
2011年2月 (11)
2011年1月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (11)
2010年10月 (13)
2010年9月 (6)
2010年8月 (8)
2010年7月 (6)
2010年6月 (15)
2010年5月 (15)
2010年4月 (19)
2010年3月 (31)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (8)
2009年9月 (15)