あじじ in WEB!!

Blog

アローンアゲイン

それはまた自然に。
俺は、というか、僕は。
本当に僕は、何も知らないでエヘラエヘラと笑って、人の気も知らずグスグスと泣いて、だれかれかまわず感謝もせず。
どの本を開いても、どんなテレビを見ても、これは当然そうなるべくして。
馬鹿に付ける薬は無いと聞くが、バファリンやイブを飲んでは頭痛をたしなめる。
朝、雨が降っていなければ、夜に雨が降ることを約束されても傘を持たずに家を出る。
何かのサインがいつも僕に教えてくれるのだけど、それをことごとく無視してきた結果なのかもしれん。
慣れっこ?
馬鹿言え。

はじめぼくはひとりだった
線路端にもたれ大きな月を見ていた
話しかけるのも僕ならば
それに答えるのも僕だった
目の前を貨物列車が走り過ぎていった

Archives
2016年2月 (1)
2015年6月 (11)
2014年5月 (1)
2014年4月 (1)
2014年3月 (2)
2014年2月 (2)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (3)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (4)
2013年7月 (18)
2013年6月 (4)
2013年5月 (7)
2013年4月 (1)
2013年3月 (2)
2012年11月 (4)
2012年10月 (8)
2012年9月 (7)
2012年8月 (12)
2012年7月 (5)
2012年6月 (5)
2012年5月 (5)
2012年4月 (8)
2012年3月 (23)
2012年2月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (4)
2011年11月 (4)
2011年10月 (6)
2011年9月 (4)
2011年8月 (6)
2011年7月 (7)
2011年6月 (9)
2011年5月 (3)
2011年4月 (14)
2011年3月 (3)
2011年2月 (11)
2011年1月 (11)
2010年12月 (10)
2010年11月 (11)
2010年10月 (13)
2010年9月 (6)
2010年8月 (8)
2010年7月 (6)
2010年6月 (15)
2010年5月 (15)
2010年4月 (19)
2010年3月 (31)
2010年2月 (2)
2010年1月 (1)
2009年12月 (2)
2009年11月 (4)
2009年10月 (8)
2009年9月 (15)