あじじ in WEB!!

Words

夏の途中

八月の午後は白い光のかたまり
畳の上で僕はひと眠り

夏の王様は裸のまま高笑い
寝惚け眼の僕はまだ眠い

ひもがほどけた あああ 境界線
ゆめもうつつも 今 いいところ

ぬけがら残した蝉の声がうるさくて
消えたまどろみを探す夏の途中

八月の夜は丸い水滴の中
麦茶を飲んで僕は平泳ぎ

すずがちぎれた あああ 双眼鏡
どこもかしこも 今 いいところ

噂コソコソ虫の声がうるさくて
消えたあくびを探す夏の途中

三月のマーチ

最終電車は行っちゃった
マッハの速度で行っちゃった
ほろ酔いどろ酔い 僕らはどこへ行こう

キツネの目をしたおっさんが
ノッポでクールな駅員に
クダ巻きつば吐き 線路にゲロ吐いた

あんぐり開いた宵の口
どっちに行くのが正解か
さみいしねみいし金なんか持ってねえし

タクシー乗るのはもったいない
もったいないから飲んじゃった
しゃあねえじゃあねえ歩いて帰りましょ

あやぶむなかれ
アンドゥトロワで鼻歌まじり 夜の終わり 旅の始まり
かたじけないね
うなれ右足と左足
こっから家までたのむぜ

三月のマーチ歩け歩け歩けよ
より取り見取りのスピードでほら行けよ
よちよちと歩くこんな夜も好きだよ

国道の上をずれていく
さっきのやる気もくずれてく
すっきりくっきり酔いなんかさめちゃった

どんより昨日がはがれだし
やっぱり始発も走り出し
あれなんてこれなんて言い出すときりないし

夜のまにまに
イーアールサンで荒ぶる呼吸 五里霧中 まだ旅の途中
急がば回れ
いでよ自販機と炭酸水
ギブアップするなんて野暮だぜ

三月のマーチ歩け歩け歩けよ
サボらず腐らず褒められずまあ行けよ
ぼちぼちと歩くこんな朝も好きだよ

揺れる想い体中に感じてるよ

梯子

神様の粋な計らいで
足跡に波は届かない
ただよう白いビニールみたいに
僕らもただよう

太陽の光を削った
かたくなな雲のにらめっこ
大事な話なんかしない
僕らはたゆたう

退屈だった僕と君
砂のソファーに腰掛けた
足跡の先っぽで

夏が終わったユーモアと
くらげみたいな水平線
ふたつの靴 並べて

僕らの退屈は甘いジュースの味だった

カナリアの形は壊れて
新しく魚が生まれた
しびれ切らした雲がくれた
梯子のまぼろし

つかんで つかんでなかった
さわって さわってなかった
つかんで つかんでなかった
さわって さわってなかった

退屈だった僕と君
梯子を指でなぞってた
片っぽの目をつぶって

湿った風のアイデアと
他人面した海の色
夕暮れから逃げた

僕らの退屈は足跡をまたふたつ作った

ユーガタノウミ

夕方の海 散らかった抒情詩
オレンジの波 砂時計

渇いたピアノ 横切った飛行機
君がいないからつまらない

不安定な情景 絡まった土曜日
自販機のフィーバー レモネード

英語のフライヤー 目が合ったオーティス
君がいないのはつまらない

この前からどうかしてると思うんだよ
君のせいで夜もろくに眠れなくなった

日が暮れてもまだ道に迷ったままでいる
つまりはつまらない星が光った帰り道

つかの間の雨 引き摺った三本ライン
陽だまりの跡 流れ星

湿ったフィラメント 散らばったワンツースリー
君がいないからつまらない

たとえるならあのアパートの端の部屋
忘れられたベランダで揺れるTシャツみたいだ

明日晴れたなら少し遠くまで行こう
つまりはつまらない風に頼ったあみだくじ

日が暮れてもまだ道に迷ったままでいる
つまりはつまらない星が光った帰り道

君がいないんじゃしょうがない

Index
夏の途中
三月のマーチ
梯子
ユーガタノウミ
とげのある花
いまおもうこと
ウインク
サボテン
ひとりふたり
スルベリニアファリミニア
100億のミュージック
目の前では言えないけど
ノットオンリーユー
カミナリゴロゴロ
体育ずわり
毎日の色
幸運
アイスを買いにいこう
手紙
夕暮れ
青の時間
夢を見た