ビスケット

ちょいと前の話なんですけどね。
サザンオールスターズのライブに行ったんです。

ビッグエッグっす。

誰も東京ドームのことビッグエッグって呼ばなくなっちゃったね。
期間限定だったのでしょうか。あれ。

まあとにかく。
スタンド席の前のほうだったけど、ステージはかなり遠かったな。
メンバーやダンサーが歌ったり踊ったりっていうのは確認できるんだけど、細かいところまでは全然見ることができないっていう場所。

宮城のときもそうだったけど、そういった席への配慮なのでしょうが、ステージ脇に大きなモニターがあって、ショウを映し出してくれていました。
そのモニターには親切にも曲名や歌詞が表示されていて、一緒に歌うときなんかは大変重宝するんですけどね。

でも、モニターをずっと見るのはDVDと変わらないんじゃないかと思って、じっと目を凝らして肉眼を大活躍させるわけです。
動いてたね。サザンオールスターズ。
3時間を超えるショウでも飽きのこないセットリストと、それを演奏して歌う体力に驚き、さらに(当り前のことだけど)、ステージの上にいる人たちだけでこの演奏をしているんだなっていう感銘。

そこで思ったんです。
俺の知っているこの歌もあの歌も、音色の違ういくつかの音の動きと、タイミングをうまいことしているだけなんだな。って。
こんな当たり前のことをしきりに考えながら、周りに合わせた振り付けをなんとかこなしていました。

いくつかの音の動きとタイミング。
すげえな。

そしてついに近づいてきております。
スケジュール帳にぜひともあじじを。

6月17日
渋谷HOME
つっちょ祭
スタート18時半
料金は2千5百円(ワンドリンク別)
出演はつっちょ / 中山哲太 / 治田陽 / 奥苑直也 / あじじ
あじじは2番目の19時過ぎあたりから。
チケットの予約は
http://www.ajijiman.com/ticket/
ここか
ticket@ajijiman.com
まで。

あじじのいくつかの音、そしてタイミングを。